日本人は身体の中を覗かれることが多い

医療

日本人は身体の中を覗かれることが多い

東南アジアに居住して気が付いたことの一つに、病院でCTスキャンやMRIはなかなか使ってもらえない、ということがあります。
その理由を現地のお医者さんに伺ってみたところ、それは、機材の数が限られていて患者数も多いから、余程の病状でなくては使えないとのことでした。
しかし、機材の整っていることで有名な外国人向けの私立病院で治療を受けたことがあるのですが、その際、たまたまMRIで検査をするような状況になりました。
そこは、機材の数が限られているような状況の病院ではないはずなのですが、医者が事前にMRIを使うことの理由をしつこく説明し、使用のための了解を求めてきました。
その理由は退院の時に分かりました。
MRIの検査料は非常に高いのです。
医師診察料や看護料に比べて遥かに高額な治療項目だったのです。
この話を日本人のお医者さんに話してみたところ、日本では、健康保険で七割が負担されているので、患者も気にしないし、医師もそのことが分かっているから、診断の確度を上げる為に最終確認としても結構気軽に使ってしまうことが多いとのことでした。
贅沢な気もしますが、確実な診断をして頂ける機会があることは、ありがたいことです。