医療を受けられるのは当たり前のことなのでしょうか

医療

医療を受けられるのは当たり前のことなのでしょうか

日本国内にいると、病気になったら、当たり前のように病院に行きます。
でも、これは本当に当たり前のことなのでしょうか。
国民全員が健康保険の適用を受けているので、病院に行くときに真剣に費用の心配をすることなどまずありません。
 しかし海外に出てみると、適切な医療を受けるということは結構ハードルが高いことなのだ、ということに気が付きます。
日本では、三割しか自己負担していないので、医療費の本当のコストを実感する機会がないのですが、海外で支払う医療費は、それこそ目が飛び出る位の金額になります。
自分で保険会社の医療保険に入っていなかったら大変です。
しかも、保険料も決して安いものではありません。
誰もが、適切な医療を受けられるのは理想ですが、それは決して当たり前のことではないようです。
海外にいると、医療はとても高価で選ばれた人達だけのもの、という現実を見せられることもしばしばあります。
当たり前のように病院に行くことが贅沢とは言いませんが、そういう境遇に感謝したいと思います。