自分の大便をチェックしてみましょう

医療

自分の大便をチェックしてみましょう

体内には、心臓、胃や腎臓、肝臓、すい臓などの内臓があり、毎日働いています。
すい臓は、急性すい炎や慢性すい炎、すい石などといった病気が起きることがあります。
慢性すい炎といった病気にかかると、すい液の分泌が低下してしまいます。
すい液の分泌が低下してしまいますと、下痢や脂肪便、体重減少などの症状である消化吸収障害を引き起こします。
脂肪便とは、慢性すい炎が進行してすい液の分泌が低下することで、食べ物に含まれる脂肪が消化、吸収できないために、悪臭のあるギトギトした便になることです。
しかも、便の量は大量に排泄されるといった特徴もあります。
一般的に慢性すい炎で、すい臓の働きが健康なときの10%以下に低下すると脂肪便になると言われています。
脂肪便に加えて体重減少が起こっている場合には、慢性すい炎がかなり進行しているとおもわれます。
治療薬として消化酵素配合薬とたんぱく分解酵素阻害薬があり、消化酵素配合薬はすい液の分泌低下を補う薬です。

口コミ評価の高い守山区の訪問介護

1回目の施術でも誠英鍼灸接骨院の治療は高い効果を得ることができます

初めてでも安心!一宮市の接骨院

最新投稿